WebマーケティングとWebデザイナーの違いを簡単に説明します

WebマーケティングとWebデザイナーの違いは何?

どっちの仕事もよくわからない人にWebマーケティングとWebデザイナーの仕事内容、年収、なる方法を徹底解説致します。

まず、簡単に説明すると

Webマーケティングはインターネットによる集客がメインの仕事です。

WebデザイナーはホームページやWebサイトを作成する仕事になります。

それではもう少し詳しく解説していきます。

WebマーケティングとWebデザイナーの仕事内容

Webマーケティングの仕事内容は主に下記の4つです。

  1. 集客施策
  2. LPO(ランディングページ最適化)
  3. アクセス解析
  4. リピーター獲得施策

より詳しくはこちらの記事で解説しています。

Webマーケティングの仕事内容は?未経験者でも就職できる?

 

WebデザイナーはWebサイトの構成とレイアウトを決めてWebサイトのコーディングを行う仕事です。

HTMLとCSSの知識が必要になります。

HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつです。

ブラウザに表示されているページはHTMLで記述されています。

パソコンから、見ているページを右クリックして「ページのソースを表示」をクリックするとHTMLで記述されたソースを見る事ができます。

CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)とは、ウェブページのスタイルを指定するための言語です。

簡単に言ってしまうとデザインやレイアウトなどの「見た目」に関する言語です。

Webデザイナーになるには、このHTML・CSSの理解が必要になります。

WebサイトをHTML・CSSを使って作成する作業をコーディングと言いますが、このコーディング作業を効率化してくれるソフトがAdobeのDreaweaver(ドリームウィーバー)というソフトになります。

Web制作現場では、Dreamweaverが業界標準のソフトになります。

また、写真やイラスト等の画像加工をするのにAdobe社のPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)等も使います。

 

WebマーケティングとWebデザイナーの違いはWebサイトに集客をするか、それともWebサイトそのものを作成するかになります。

WebマーケティングとWebデザイナーの年収の違い

WebマーケティングとWebデザイナーの年収の違いを解説します。

Webマーケティング業界は人材不足となっているので平均年収が普通の仕事よりも高めとなっていて平均年収は500万円台前半になります。

Webデザイナーの年収はだいたい一般的には平均250~500万円くらいです。

会社の規模によってWebデザイナーの年収は大きく変わります。

印刷会社からWebデザイン会社へ変わったり両方の仕事を請け負っている会社が多く、昔からそういったデザイナーの給料は高くない傾向があり今でもそれが続いているイメージがあります。

WebマーケティングとWebデザイナーの年収を単純に比較した場合、Webマーケティングの方がWebデザイナーよりも年収が高くなる傾向があります。

しかし、Webマーケティングの仕事は分析する仕事でWebデザイナーはクリエイティブな仕事になります。

WebマーケティングとWebデザイナーになる方法

Webマーケティング業界は人材不足なので未経験からでも募集している企業がたくさんあります。

アルバイトからでもなる事ができますし、未経験でも転職も可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。
Webマーケティングは未経験でも就職・転職ができるのか?

Webデザイナーになる方法ですが専門学校を卒業するかWebデザイナースクールを受講してキャリアアドバイザーの支援を得ながら就職・転職活動をする事になります。

基本的に、Webデザインの会社は新卒を採用しているような会社以外は即戦力を求めているので未経験者の求人はほぼないと思っていいでしょう。

まとめ

個人的にはWebマーケティングの仕事がおすすめですが、クリエイティブな仕事をしたい人はWebデザイナーを選択する方がいいでしょう。

クリエイティブな仕事をしたいのにWebマーケティングで集客や分析の毎日だと辛くなって辞めたくなると思います。

但し、Webデザイナーの人材は溢れているので常に他の人よりも抜きん出る何かが必要となり、常に努力と勉強が必要となります。

WebマーケティングもWebデザイナーも常に勉強は必要となります。

最新情報の収集やスキルを上げるのを楽しみながら仕事をするのがおすすめです。