Webマーケティングの独学で稼ぐコツとは?

  • 2021年2月3日
  • 2021年2月9日
  • 独学
  • 14view

Webマーケティングの独学で稼ぐコツ等を紹介していきます。

独学でWebマーケティングを学んだらちゃんと稼げるようになれるの?

時間や努力は無駄にならないの?

そういった心配や不安もありますよね。

Webマーケティングの仕事は肉体労働とは違い、頭をとても使います。

1時間働いたら時給で780円貰えるといった仕事でもありません。

身に付けなければならないスキルもたくさんあります。

そして、スグに結果が出るわけでもないので途中で諦めてしまう人も多いです。

しかし、安心してください。

Webマーケティングを独学でマスターした暁には、他の人よりも稼ぐ事ができるようになります。

Webマーケティングは独学でも稼げる理由

稼ぐ

Webマーケティングは独学でも稼げる理由をあげていきます。

まず、2021年現在、今でもWeb業界は成長市場となっています。

インターネットとスマホが普及してから短期間でWEBマーケティング市場は急拡大しています。

そしてインターネットは商品やサービスの売上を伸ばす手段として今や必要不可欠です。

しかし、Webマーケティングを活用できる人材というのは不足しています。

まだまだ成長市場なので今から独学で勉強をしても稼げるチャンスがたくさんあります。

 

逆の例えとなりますが

新型コロナウイルス感染症の影響により、日本のハンコ文化が見直されそうですよね。

友人が今からハンコ屋さんを開業しようと思うと相談されたらどうしますか?

「止めておいた方いいよ」とアドバイスする人が多いと思います。

 

上記は極端な例となりますが、Webマーケティングが同じような運命にあるなら私はきついし辛いし大変だから止めておいた方がいいよと言いますが

Webマーケティングの将来性はまだまだ明るいですし独学でも勉強すれば稼ぐ事ができるのでおすすめです。

Webマーケティングは個人でも稼げる方法がたくさんある

Webマーケティングは個人でも稼げる方法がたくさんあります。

個人で行うサイト・ブログアフィリエイトを筆頭にWebマーケティングのコンサルもできますし、フリーランスで請負も可能です。

サラリーマンでも副業として副収入を得る事もできます。

実際にWebマーケティング会社に勤めている人が働きながらアフィリエイトをして、あまりにも収入が増えてしまい起業や会社を設立するというパターンも数多くあります。

私の友人もマッサージ店や士業関係のWebマーケティングコンサルタントで田舎の浜辺で暮らしてる人もいます。

大きなWeb広告代理店やWebマーケティング会社に勤めなくても独学で実績さえ出せば個人でも稼ぐ事ができます。

Webマーケティングで稼げる収入は青天井

Webマーケティングで稼げる収入は青天井となっています。

アフィリエイトで月に数百万や数千万円稼ぎ出す主婦も世の中には実際に本当にいます。

アフィリエイトって胡散臭いなぁ情弱が騙されてるだけじゃないの?

そんな風に思う人もいると思いますが、アフィリエイトを真剣にやればそれはビジネスですし、Webマーケティングの一環でもあります。

Webマーケティングを独学で猛勉強すれば、ネットを使った集客と販売を理解する事ができるようになりますし、アフィリエイトで商品を販売したりサービスに申し込みをして貰えるようになるでしょう。

世の中には本業とは別に副業でアフィリエイトを初めて、本業の収入を上回ってしまいそのままWebマーケティングのコンサルタントになってしまう人までいます。

Webマーケティングというか個人のアフィリエイトでトップクラスの報酬金額が1ヶ月で500万以上とか普通にあります。

1年ではなく1ヶ月です。

A8netというアフィリエイトASPが発表しているのでぜひ御覧ください。

A8アフィリエイト報酬

引用元:https://support.a8.net/as/best8.php

アフィリエイトで5~10万円の収入を得るというのは不可能ではありません。

Webマーケティングの独学は可能なのか?

Webマーケティングを学ぶ方法はいくつかありますが、そのどれも独学で学ぶ事が可能です。

そして、知識を仕入れるだけではなく、実践する事がともて重要になります。

とにかく正しい知識で実践する事がWebマーケティングの独学で稼ぐコツとなります。

間違った事をたくさんやれば大間違いとなりますが

正しい事をたくさん実践すれば大正解となります。

Webマーケティングの基礎的な知識を正しく仕入れて途中でめげずに実践していきましょう。

裏道や裏技、楽な方法を探すのは止めましょう。

時間はかかりますが、王道や正攻法が最短で結果を出せる方法となります。

Webマーケティングの独学で稼ぐ方法

Webマーケティングの独学で稼ぐ方法を紹介します。

SEO(検索エンジン対策)

SEO(検索エンジン対策)とはグーグルやヤフーで検索結果の上位にサイトを表示させる施策です。

SEOには大別してホワイトハットとブラックハットという2種類があり、簡単に言うと王道と裏技になります。

ブラックハットSEOは数年前までみんな当たり前のようにやっていたSEOです。

自作自演で何十、何百本とWebサイトやページにリンクを当てる(被リンク)事で検索結果に上位表示できました。

今では、Googleのアルゴリズムによって自作自演のリンクが見破られるようになったのであまり通用しなくなっています。

通用していた頃はSEO業者の手法としてリンク販売がメインとなっていましたが、今ではコンテンツSEOが主流となっています。

今でもリンクは効果があるSEO(検索エンジン対策)ですがペナルティの危険があり、会社の公式サイトでやるべき事ではありません。

しかし、アフィリエイトの世界ではペナルティで検索エンジンの検索結果から排除されてしまうリスクを覚悟の上で今でもブラックハットSEOを行っている人もいます。

そして、このブラックハットSEOが通用しなくなってきた結果、ホワイトハットSEOが主流となってきました。

Webサイトやブログで検索ユーザーの役に立つコンテンツを増やすのがホワイトハットSEOとなります。

真面目に更新を行っているWebサイトやブログが評価されやすい時代へと変わったのです。

現在でも被リンクは重要なパロメーターですが、検索ユーザーに役立つ情報を熱意を持って書いたクオリティの高いページが上位に表示されやすくなりました。

ブラックハットSEOはIP分散サーバーや中古ドメインなど資金が豊富にある人や会社が有利でしたが、ホワイトハットSEOは検索ユーザーに役立つ情報を如何に提供するかというのがポイントになるので個人でもその分野に精通していれば上位表示が可能です。

そして、ホワイトハットSEOはテクニック的な部分もあり独学で学ぶ事も可能です。

独学のSEOで検索エンジンの検索結果に上位表示をする事ができるようになれば、アフィリエイトでも稼ぐ事もできますし、コンサルタントとして活動する事もできます。

Web広告

Web広告にはリスティング、アドネットワーク、リターゲティング、SNS広告等があります。

独学で勉強するのに一番ハードルが高いのがWeb広告だと思います。

なぜなら広告を出稿するのに費用がかかるからです。

Web広告を独学で勉強する場合、PPCアフィリエイトというものがあります。

検索エンジンの検索結果に出るリスティング広告を出稿し、自分が作ったアフィリエイトサイトに誘導して商品を購入したりサービスに申し込みをして貰ってアフィリエイト報酬を得るという方法です。

2019年までPPCアフィリエイトといえばYahooがメインだったのですが、原則的にYahoo!プロモーション広告のアフィリエイト全面禁止となりました。

その結果、個人のアフィリエイターがYahooでPPCでアフィリエイトを行うのは事実上不可能となっています。

逆にGoogleはその昔アフィリエイターをリスティング広告から締め出して追い出したのですが、現在ではアフィリエイターもリスティング広告の出稿が可能となっています。

また最近ではSNS広告も流行っています。

SNSの種類としてTwitter、Facebook、Instagramがありますが、Facebook広告がユーザーの条件を事細かく指定できて広告費が他の媒体に比べて安くできるので重宝されています。

既に何らかの商売を行っている場合は独学でFacebook広告を勉強するのもおすすめです。

SNSマーケティング

Twitter、Facebook、Instagramの運用で稼ぐ事もできます。

特にTwitterがおすすめでファンを増やす事ができれば自社サービスの販売はもちろんアフィリエイトで商品やサービスを紹介する事によって利益を得る事が可能です。

アフィリエイトを行う場合はブログやサイトとSNSを連動した方が相乗効果が出るのでおすすめ。

自社サービスを紹介したい場合はSNS単体でも良いと思います。

ただ何でもかんでも紹介すれば言いというわけではなく、ユーザーにメリットがある事を呟いてファンを獲得し、ユーザーにメリットのある商品やサービスを紹介する必要があります。

少ない文字で人を喜ばせたり、人とは違った物の見方、切り口がある人は結果が出やすいと思います。

フリーランス

Webマーケティングはフリーランスの仕事もあります。

Webマーケティングフリーランスの種類として自社サイトのWebマーケティング担当、WebマーケティングコンサルタントやWeb広告運用コンサルタント等があります。

独学で実績を詰めばこういった仕事をフリーランスとして業務委託、副業、在宅ワークを行う事も可能です。

独学でも実際に自分でWebサイトやブログを運営したり、Web広告で稼いだ実績があればフリーランスとしても仕事をする道は開けます。

ただ、フリーランスとして副業や在宅ワークを行いたいのであれば独学よりもWebマーケティングスクールで勉強した方がいいかもしれません。

ブログ運営と広告運用、どちらを独学すべきか?

ブログ運営と広告運用、どちらを独学すべきかですが

広告運用は独学では少し難しくWebマーケティングスクールで習う方がおすすめです。

ある程度の資金力があって、損をする覚悟があれば広告費として運用しながら独学で勉強をしても良いですが損をする可能性もあります。

ブログ運営なら時間と手間暇はかかりますが費用的に数千円でできるレベルなのでおすすめです。

また、ドメインの取得、ワードプレスを使ったブログの開設、Webライティング、SEO、SNSの開設と運用などWebマーケティングで必要なスキルとその周辺分野を独学で学びながら実践できるのでおすすめです。

ブログ運営で集客(アクセス数)とGoogle アドセンスによりクリック型広告報酬、アフィリエイトによる販売・サービスの申し込みなど副収入を得ながら独学で勉強する事ができます。

独学でWebマーケティングスキルを最短で身に付ける方法

独学でWebマーケティングスキルを最短で身に付ける方法は、上記でも書きましたがWebサイト作成やブログ運営によるアフィリエイトです。

独学で自分で学びながら実践し結果を出す事ができなければWebマーケティングの仕事をする事はできないでしょう。

それができそうにないなら、未経験からでも募集しているWebマーケティング会社に転職をするか、Webマーケティングスクールを受講して学んだ方が良いと思います。

今活躍している多くのWebマーケターは独学で学んだ人が多いと思います。

というのもWebマーケティングスクールなど昔はなかったからです。

アフィリエイトの塾やスクールそして情報商材などはありましたが、多くの人がそれぞれ独学もしくはそういった高額な塾やスクールでアフィリエイトを学んでスタートしています。

今ではそういった高額な塾等に入らなくてもネット上にある情報だけで十分独学でアフィリエイトやWebマーケティングを学習できる時代になっています。

ぜひ自身でWebサイトやブログそしてSNSの運営を行ってみましょう。

Webマーケティングの独学で稼ぐコツ

今ではGoogleのアルゴリズムが進化して、小手先のSEOテクニックよりも一生懸命訪問するユーザーの為に記事を書き続けた人が評価される時代になりました。

とにかく継続しましょう。

独学で基礎から学び正しい方法を積み上げていきましょう。

すぐには結果は出ません。これは断言できます。

最低でも3ヶ月かかります。

最初は数百円という結果で終わり、割にあわないと思うかもしれません。

しかし、1年そして2年と続けていけば報酬は二次関数のように上がり稼ぐ事ができるようになります。

PDCAサイクルをまわして常に考え続け、SNSからの集客やブログの記事を書き続けましょう。

切磋琢磨して続けて気がついたらとんでもない額を稼ぐ事ができるようになっているかもしれません。

まとめ

Webマーケティングで独学をするならアフィリエイトをするのがおすすめというのを理解して頂けたでしょうか。

また独学で稼ぐコツは継続というのも理解して頂けたら嬉しいです。

3日坊主では稼ぐ事ができません。

継続するには習慣化が必要です。

まずは3日、そして次に3週間、そして3ヶ月と続ける事ができれば習慣化します。

Webマーケティングのインプットとアウトプットを繰り返しとにかく継続してください。

そうすれば独学でもWebマーケティングで稼ぐ事ができるようになっていると思います。