Webマーケティング業界は人材不足の今がチャンス!

Webマーケティング業界は人材不足の今がチャンスです。

あなたは2021年現在、テレビメディアの広告費とインターネットの広告費が2019年には逆転しているのを知っていますか?

高校生や中学生まで誰もがスマートフォンを手にするようになり、テレビを見る時間よりもスマホを使用する時間の方が長い若者も増えて来ました。

スマホのマンガアプリも広告を見ると無料で閲覧できるようになっています。

10年前までは想像もできないくらいスマホとインターネットが普及した結果、インターネットネットによる広告も当たり前になりました。

インターネットの広告は雑誌やテレビよりも安く広告を出す事が可能です。

そして、費用対効果が目に見えてわかります。

SNSのFacebookでは広告を表示する属性を事細かく指定できます。

つまり狙いたいターゲットを絞って効果的に広告を出す事が可能です。

効果的に広告を出す事ができれば売上が上がるので更に広告宣伝を拡大する事が可能になります。

20-014図表1

引用元:https://www.dentsu.co.jp/news/release/2020/0311-010027.html

そして新型コロナウイルス感染症の影響によって対面営業が難しくなった今、様々な業種がオンライン化していくので更にWebマーケティングの需要が増加すると思われます。

今では、何か物を買ったり、サービスを契約するのに多くの人がネットを利用します。

これは20年くらい前だと信じられない事なのです。

多くの人が「ネット通販=胡散臭い、騙されそう」と思っていました。

それが今では楽天やAmazonは超巨大企業へと成長を果たしています。

飲食業でもTwitterやInstagramを使って宣伝・集客をしているお店も多くなってきています。

 

もしもあなたが就職や転職をしようと思った会社にホームページや公式サイトがなかったらどう思いますか?

ホームページも作れないくらい小さい会社なのか、もしくはちょっと怪しいな・・・と思うのではないでしょうか?

取引先企業を調べる時も同じです、ホームページがない=信頼できないという時代になってきています。

 

つまり多くの業界・会社でインターネットが必要となってきており、その結果、Webマーケティングの需要も増加してきています。

 

Webマーケティングの需要が増加する一方で業界では人材不足となっています。

アルバイトの募集もたくさんありますし、未経験からでも求人が出されている状態です。

業界が成熟してくると経験2年以上等の条件が出てきますが、今はまだ人材不足でそういった状況ではありません。

 

幸か不幸かスマホが普及した事によってパソコンが使えない若者が増加中です。

今の30代であればパソコンを普通に使う事ができると思いますが、今の若者は学生時代にパソコンを利用することはあっても使いこなす事ができません。

Webマーケティングはパソコンが使えるのは当たり前となります。

20代であれ30代であれパソコンが使えるというだけで多少のアドバンテージがあります。

 

パソコンが使えれば人材不足なので未経験から求人を出しているWebマーケティング会社もありますし、いきなり就職や転職をするのが不安であればWebマーケティングスクールもあり就職・転職サポートも付いてる所があります。

仕事をするなら衰退する業界よりも、これから伸びる業界に身を投じる事をおすすめします。

dodaキャンパスのこれから伸びる5つの業界!就活の業界選びに役立つ【2020年度版】でもインターネット広告業界は伸びると予測されています。

Webマーケティングの仕事は簡単でも楽でもありませんし、学ぶ事がたくさんありますが、とてもやりがいのある仕事です。

給料も平均して他の業種よりも高い傾向にあるので人材不足の今が就職や転職をするチャンスです。