30代未経験でWebマーケティング業界へ転職は可能なのか?

  • 2021年1月29日
  • 2021年2月9日
  • 未経験
  • 11view

30代未経験でWebマーケティング業界へ転職は可能なのか?について解説していきます。

結論から言ってしまうと

30代未経験でWebマーケティング業界へ転職する事は可能です。

何故なら私が通信会社からWebマーケティング会社へと転職したのがちょうど30歳だったからです。

だから、不可能ではなく可能です。

但しかなり厳しい戦いとなるのは覚悟しておきましょう。

その辺についても詳しく解説致します。

30代未経験のWebマーケティングへの転職の難易度は?

難易度

30代未経験のWebマーケティング業界への転職の難易度は低い方ではないかと思います。

30歳以上の未経験でプログラマー等のIT業界にプログラミングスクールに通わずして転職を成功させるのは難易度がかなり高いです。

それに比べると、30代未経験のWebマーケティング業界への転職は簡単だと思います。

更に今はWebマーケティング業界は人材不足となっているので募集案件数は少ないものの30代で未経験でも募集している会社があるので、そういった会社を本気で熱意を込めて狙っていけば転職する事は可能だと思います。

実際に今働いている会社の将来性を考えた時に斜陽産業で未来が明るくないという理由でWebマーケティングへ転職をしている未経験も実際にいます。

ちなみに私が通信会社からWebマーケティング業界へ転職した理由は、年功序列型で長く勤めただけの尊敬がちょっとできないような年配の方がふんぞり返っていたからです。

将来性と実力主義に魅力を感じて思い切って転職をしました。

30代未経験からでもWebマーケティングへ転職できる理由

新型コロナウイルス感染症の影響で2020年は一気にオンライン化が加速しました。

政府もDX(デジタルトランスフォーメーション)と言って今後もオンライン化を進める方針となっています。

その結果、オンライン通販だけではなく、オンラインレッスン、テレワーク関連のツールやアイテム等の売上がアップしています。

すべてのサービスがオンライン化されるわけではありませんが、今後ますます多くの製品・サービスがオンライン上で購入、申込みされるのが容易に想像できます。

その結果、Webマーケティング業界は人材不足となっているので30歳以上で未経験の方でも転職する事ができる可能性があります。

インターネット広告媒体費総額の推移(予測)

引用元:https://www.dentsu.co.jp/news/release/2020/0317-010029.html

電通の2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析を見てみると毎年右肩上がりで インターネット広告媒体費が増加しています。

実際に30代未経験から募集しているWebマーケティング企業は複数あります。

30歳を超えていると面接にたどり着くまでもハードルがありますし、実際に合格するのも難易度は低くないです。

30歳未満の場合はポテンシャル採用というのがあるのですが、30歳を超えてしまうとそれまであなたが行っていた業務内容、知識、経験など様々な事が考慮されるようになります。

しかし、30代未経験からWebマーケティングへ転職成功した人達が実際にいます。

30代から未経験Webマーケティング転職は可能なので本気ならばぜひチャレンジしてみてください。

30代未経験からWebマーケティングへ転職するのに必要な事

30代未経験からWebマーケティングへ転職するのに必要な事を解説します。

まず大事なのがWebマーケティングに興味があるかどうかです。

なんとなく給料が良さそうだからという理由だけでは後悔する可能性もあります。

確かに、Webマーケティングは平均給与が高く、手に職が付いて実績を積めば独立開業すら可能な仕事です。

しかし、それは誰にでも簡単にできる事ではなく、向上心や意欲がある人が向いている仕事になります。

Webマーケティング業務に未経験でも有利に転職する為には以下を勉強しておくと良いと思います

それはWEBマーケティング全般の学習でSEM・SEO、Web広告、WEBライティング・セールスライティング、アクセス解析、マイクロソフトのパワーポイント及びエクセルの操作等です。

アフィリエイトで月に10~20万の報酬を得ていれば30代未経験からでもWebマーケティングへ業界へ転職するのにかなり有利になると思います。

独学ではハードルが高くて難しいと感じる人はWEBマーケティングのスクールに通うという選択肢もあります。

今では教室で受講するタイプだけでじゃなくオンラインで受講する事も可能になっています。

30代未経験からWebマーケティングへ転職するメリット

メリット

30代未経験からWebマーケティングへ転職するメリットを紹介します。

  • Webマーケティングの専門スキルを働きながら学ぶ事ができる
  • Webマーケティングの専門スキルは副業にもに立つ
  • Webマーケティングの仕事はリモートワーク対応が簡単
  • Webマーケティングは独立や開業の道もある

Webマーケティングの専門スキルを働きながら学ぶ事ができる

働きながら実践をした方がより確実にWebマーケティングの専門スキルが身につきます。

独学やスクールで基礎を勉強してからでも良いと思いますが、できるだけ早く転職をして実際に働きながら学んだ方が習得する時間が早くなるのは間違いないと思います。

Webマーケティングの専門スキルは副業にもに立つ

近年では副業が解禁され、Webマーケティングの会社でも副業OKな所が多いです。

それは、社員が時間外にWebマーケティングの副業をすればスキルが上がるので会社にとってもメリットがあるからです。

但し、たまに副業の収入が会社の給料よりも大幅に多くなってしまい独立してしまう人もいます。

Webマーケティングの仕事はリモートワーク対応が簡単

Webマーケティングの仕事はリモートワーク対応が簡単で他の業種よりもかなりリモートワークをしやすい環境になります。

インターネット回線さえあればぶっちゃけどこでも仕事をする事ができます。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響でリモートワークが強く推奨されているので、そういった動きも見据えてWebマーケティング業界へ転職をするのはアリだと思います。

Webマーケティングは独立や開業の道もある

副業の所でもチラっと書きましたが、副業の収入が会社の給料よりも大幅に多くなってしまい独立してしまう人が結構います。

本気でWebマーケティングを勉強して実践をすればそういった可能性はけっこうあります。

30代未経験からWebマーケティングへ転職するデメリット

デメリット

30代未経験からWebマーケティングへ転職するデメリットを紹介します。

  • 一時的に年収が下がる可能性が高い
  • 積み重ねたキャリアが白紙になる人もいる
  • 上司となる人が年下の可能性がある
  • 常に成果が求められプレッシャーがかかる

一時的に年収が下がる可能性が高い

同業他社への転職の場合、年収アップを狙いますが、30代未経験からWebマーケティングへ業界へ転職する場合には年収ダウンを覚悟しましょう。

転職直後は年収がダウンしたとしても、その後に今まで以上の収入を得てやる!という覚悟を持つ必要があります。

実際に私がそうでした。

通信会社の給料よりも転職したWebマーケティング会社の給料の方が安かったです。

しかし、今ではその時よりも多くの収入と時間を得ているのであの時に決断してよかったと思っています。

積み重ねたキャリアが白紙になる人もいる

業種によってはキャリアを生かす事ができると思いますが、多くの人が積み重ねたキャリアが白紙になると思います。

しかしこれは異業種への転職なので避ける事はできません。

上司となる人が年下の可能性がある

Webマーケティング会社の平均年齢ですが、25歳とか23歳なんていう会社もあります。

つまり30歳を超えていると転職先の会社の上司が年下というのが発生しやすいです。

プライドが高くて年下の上司なんて絶対に無理!

という人は30代未経験でWebマーケティング会社への転職は止めておいた方がいいかもしれません。

30代未経験でもWebマーケティングへの転職が向いている人

30代未経験でもWebマーケティングへの転職が向いている人は以下のような人です。

  • 業界の最新情報を集めるのに苦にならない、むしろ楽しめる
  • ロジカルシンキングができる人
  • ITやWeb業界の基礎知識を持っている人
  • クライアントの為の提案・実行ができる人
  • PDCAサイクルを回すのが好きな人

業界の最新情報を集めるのに苦にならない、むしろ楽しめる

Webマーケティング業界に身を置いたならば、常に業界の最新情報を集める必要があります。

それを苦に思わずに楽しめる人はとってもWebマーケティングが向いていると思います。

逆に新しい情報を得る事が苦になる人はWebマーケティングの仕事をしない方が良いと思います。

常に勉強、死ぬまで勉強できる人が成長そして生き残り続ける事ができます。

Webの世界は目まぐるしく変わっていくので変化を楽しみましょう。

ロジカルシンキングができる人

Webマーケティングは分析をするのも仕事になります。

クライアントや上司に説明も必要なので何となくの感覚で判断する事はできません。

だから、ロジカルに物事を考え説明する事ができる人がWebマーケティングの仕事に向いています。

ITやWeb業界の基礎知識を持っている人

未経験そして30代でITやWeb業界の基礎知識を持っていないのにWebマーケティング業界へ飛び込むのは無謀といえるでしょう。

例えるなら、工事現場で肉体労働をしている人に明日から室内でデスクワークをしてくださいと依頼をしても多くの人が何もできないでしょう。

だから最低限のITやWeb業界の基礎知識を持っておく必要があります。

クライアントの為の提案・実行ができる人

Webマーケティングの仕事は単純作業の繰り返しではありません。

クライアントがいて予算があって、販売する製品やサービスそしてWebサイトがあります。

クライアントの売上をあげたりWebサイトへのアクセス数を増加させるのに、計画の提案と実行する能力が求められます。

もっと簡単にいうと他人の為に自分から何かをしてあげる事が好きな人はWebマーケティングの仕事は向いていると思います。

PDCAサイクルを回すのが好きな人

Webマーケティングの仕事は分析をして改善点を見つけ出し、計画をして実行するというのを何度も何度も繰り返します。

そうやって少しずつパフォーマンスの向上を図り続ける事によって大きな成果がでる仕事です。

だから、PDCAサイクルを回すのが好きな人はWebマーケティングの仕事に向いています。

30代未経験からWebマーケティング業界へ転職する方法

30代未経験からWebマーケティング業界へ転職・独立する方法を紹介します。

  • とにかくまずは転職サイトに登録
  • 独学やスクールでWebマーケティングを学習
  • アフィリエイトを実践して収入を得てみる

とにかくまずは転職サイトに登録

30歳を超えているなら、少しでも早く転職活動をはじめた方が良いので、とにかくまずは転職サイトに登録してしまいましょう。

少しだけ手間がかかりますが大した事はありません。

ここで転職サイトに登録する事すらためらうようではWebマーケティングの仕事をするのは難しいと思います。

そして転職サイトに登録をしたら、『Webマーケ』、『SEM』、『SEO』、『WEB広告』等で検索をして、実際にどういった会社がWebマーケティングの求人を出しているのか把握しましょう。

そこから求められている人材やスキルを確認して学習するのがおすすめです。

独学やスクールでWebマーケティングを学習

30歳になったばかりならば、まずは独学でWebマーケティングを1年学んでみてもいいかもしれません。

しかし30歳をある程度超えている年齢ならば、ある程度の費用がかかりますが転職支援のあるWebマーケティングスクールで学習をした方が、短期集中で一気にスキルを獲得する事ができます。

アフィリエイトを実践して収入を得てみる

Web広告運用はまたちょっと違うのですが、Webサイトを作成してアフィリエイトを実践する事はWebマーケティングでかなりの勉強になります。

例えばですがサーバーを借りてワードプレスでサイトを作り、記事を書いてTwitterやFacebook等のSNSを利用するというだけでも多くの知識が必要となります。

正しくアフィリエイトを実践すれば月に5万円程度の収入なら誰でも得る事が可能です。

作ったサイトは無駄になりませんし、5~10万円のアフィリエイト報酬があれば30代未経験からでもWebマーケティング業界へ転職しやすくなるのでおすすめです。

まとめ

あなたが本気で30代未経験でもWebマーケティング業界へ転職がしたいなら、この業界はとてもおすすめなのでハードルが多少高いですが、最後まで全力でがんばってみてください。

私のように例え一時的に給料が下がったとしても、その後、挽回して取り戻す事ができますし、費用をかけてWebマーケティングスクールを受講したとしても十分費用対効果は出せます。

5Gの世界ももうすぐそこまで来ています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)により今よりますますインターネットは活用されていくでしょう。

将来性が明るいWebマーケティング業界へぜひトライしてみてください!