Webマーケティングとは?簡単に説明します。

一言でWebマーケティングと言っても幅広く色々な意味があります。

このページではWebマーケティングとは何か?誰にでも簡単にわかるように解説していきます。

そして、誤解を恐れずにWebマーケティングとは何なのか簡単に言うと『WEB(インターネット)による集客活動と販売』と言えるでしょう。

集客=アクセス数です。

昔はスマホが今ほど普及していなかった為、インターネット通販で商品を買うのに抵抗を示す人が大勢いました。

何か怪しい・・・騙されるかもしれない・・・

そういったイメージが先行していた時代がありました。

しかし、今ではほとんどの人がスマホを持ち、楽天やAmazonで通販の買い物をするのも当たり前の時代へと変わっています。

ラーメン屋に行くにしても食べログで探したりしますよね。

美容室や病院を探すのもインターネットで見つけると思います。

スマホの登場で今ではWEBサイトから物やサービスが普通に売れる時代となったのです。

今ではWebマーケティングを制する者がビジネスを制すると言っても過言ではないでしょう。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、主に3つの要素から構成されています。

  1. 集客
  2. 販売
  3. 分析

ターゲットとなるユーザーをインターネットで集客し、商品やサービスを販売。

そして、分析を繰り返してより効率よく、よりたくさんのユーザーを集客し商品やサービスを販売するというのを繰り返していきます。

インターネットでサイト(ホームページ)を作っただけではユーザーは決してそのサイトに訪れません。必ず告知・宣伝による集客が必要になります。

ただ集客してアクセス数を伸ばしても販売(商品・サービスの購入や契約)がなければ意味がありません。その為に分析も必要となってきます。

集客

集客

誤解を恐れずにWebマーケティングとは何なのか簡単に言うと『WEB(インターネット)による集客活動と販売』と言いました。

Webマーケティングはインターネットでの広告・宣伝が主な活動となると言っても過言ではありません。

Webマーケティングによる集客方法としては

  1. SEO(検索エンジン対策)
  2. SNS(ソーシャルメディア)
  3. 広告(リスティング、アドネットワーク、リターゲティング、アフィリエイト)

等があります。

SEO(検索エンジン対策)とはグーグルやヤフーで検索結果の上位にサイトを表示させる施策です。

検索結果の2ページ目以降に自社のサイトのページがあってもユーザーの目に触れる機会はほとんどありません。

 

SNS(ソーシャルメディア)は近年では非常に有効なマーケティングツールになりました。

TwitterやInstagramを見て商品を購入したりサービスに申し込みをする人が非常に多くなったからです。

 

Webマーケティングによる広告は多岐に渡り、検索エンジンの検索結果に表示するリスティング広告、TwitterやInstagram、Facebook等のSNSに出稿する広告です。

インターネット広告が普及するまでは雑誌やテレビ等に広告を出すのが主流でしたが高額な費用が必要でした。

しかし、インターネット広告が普及した今では雑誌やテレビに広告を出すよりもかなり定額で自社製品やサービスの広告を打つ事が可能となっています。

ラーメン屋さんや美容室等の実店舗の場合は「Googleマイビジネス」でGoogleマップ上で上位表示させるためのMEO(マップエンジン最適化、ローカルSEOとも呼ばれます)があります。

このように一言でWebマーケティングによる集客方法と言ってもかなり多岐に渡ります。

しかし、集客も大事ですが実は販売ページや分析についても、とても重要になります。

販売

販売

Webマーケティングで重要となるのが販売ページ(ランディングページ)となります。

サイト訪問者が商品を買ったりサービスを申し込むページをランディングページと呼びますが、このランディングページがかなり重要となります。

ランディングページの出来がよくないまま集客をおこなっても穴が空いたバケツに水を入れるような物です。

ランディングページの平均的なコンバージョン率は、だいたい2~3%と言われています。コンバージョン率は成約率とも呼ばれます。

コンバージョン(Conversion)とは、直訳すると「変換」「転換」「転化」といった意味ですが、Webマーケティング業界ではウェブサイトで獲得できる最終的な成果、すなわち購入やサービスの申し込みの事を言います。

ランディングページに100人のアクセスを呼び込み集客をしたら2~3人の商品購入、契約や申込みがあるのが平均的な割合となります。

もちろん業界や商品の価格、サービスによってこの平均値は変わります。

このコンバージョン率を上げる事をランディングページ最適化(LPO)と呼ばれます。

コンバージョン率が1%だった場合、それを2%にまで引き上げるだけで売上は倍になります。

集客よりもランディングページが大事な理由はここにあります。

コンバージョン率が低いままお金や労力をかけて集客をしてもコストパフォーマンスがとても低くなります。

ある程度のアクセスがあって商品やサービスが売れない場合は販売ページ(ランディングページ)の見直しをする所から始めた方が良いでしょう。

分析

分析

Webマーケティングでは分析も重要です。

アクセス数、直帰率、ページビュー数、コンバージョン率など分析をする項目は多岐に渡ります。

それらを分析しランディングページやサイト内の記事や広告を改善する事によってユーザーにサービスや商品を知ってもらい、購入・契約数を上げていきます。

例えばリスティング広告では検索キーワード毎に広告を出稿する事ができますが、黒字になるキーワードもあれば赤字となるキーワードも出てきます。

SNSの広告は住んでる地域、年齢や性別更には趣味・関心などターゲットユーザーを事細かく設定する事が可能です。

Webマーケティングは何か施策をしたらやりっ放しではなく、その効果をきちんと計測し改善をしていく必要があります。

まとめ

Webマーケティングとは簡単に一言で言っても、その内容は多岐に渡るという事を理解して頂けましたでしょうか?

Webマーケティングとは簡単に言うと『WEB(インターネット)による集客活動』と言いました。

しかし、ランディングページ(販売ページ)や分析もとても重要です。

Webマーケティングとはおおまかに言うと集客、販売、分析の3つにまとめる事ができますが、そのひとつひとつが重要となります。

今後もWebマーケティングという仕事の重要性は高くなります。

競合他社よりもWebマーケティングを効果的に実践する事ができれば間違いなく優位に立つことが可能です。

Webマーケティングは広告代理店を利用する事もできますし独学で活用する事も可能です。

まだ若い人はWebマーケティングを学べば就職や転職に有利ですし、ラーメン店などの飲食業や美容室などのお店をやっている人にとってはまさにチャンスとなります。

ぜひWebマーケティングを学んで活用してみてください。